ほくろ除去でコンプレックスを撃退|気になる部分はプチ整形

女性

気になるほくろの除去

美容整形

メスによる切除縫合

ほくろには小さなほくろと、盛り上がりのある大きいいぼ状のほくろなどがあります。それらの形状によって、ほくろ除去の方法が違ってきます。ほくろ除去のためのメスによる切除縫合や、くりぬき法などは昔から用いられている基本的な方法で、術後のほくろの再発防止には一番効果があります。ほくろを切除縫合する場合の病院は、形成外科や美容外科が主になります。きれいに縫い合わせる必要があるため、ほくろの大きさよりも縦長の紡錘状に切って除去します。縫い合わせることで、皮膚組織の深い部分まで切り取って、ほくろ組織を完全に除去することが出来ます。また、綺麗に縫合すれば傷跡が目立たないのもメリットです。しかし、大きいほくろの場合は傷跡が大きくなるので、ほくろのある場所によって目立つ度合いも変わります。手術後は、2週間程度で抜糸し、塗り薬をぬって絆創膏を張るので、顔のほくろの場合はマスクをする必要もあります。その場合、レーザー治療とは違い乾燥を心配する必要はありませんが、傷口が開かないようにテープで補強するなどのケアは必要になります。赤みが続くこともありますが、手術後から時が経過するにつれ赤みがなくなり縫い後も目立たなくなります。

レーザーで除去する方法

レーザー治療は炭酸ガスレーザーなどの水反応系レーザーと、メラニンに反応する色反応系レーザーの2種類に分けられます。特に色反応レーザーはシミや脱毛の際にも使用されているもので、色素のみを抜くことに特化しています。これはほくろ組織を完全に取り除くことが出来ないため、再発率はほくろ除去の治療法の中でも比較的高い傾向があります。しかし術後のへこみの心配が少ないので、ほくろ除去方法の中では、術後のケアが一番簡単なことがメリットといえるでしょう。それに対して、炭酸ガスレーザーは水に反応するレーザーで、皮膚を削ることに特化しているものです。そのため、ほくろ組織を取り除くことにも効果的です。このレーザーは盛り上がりのあるほくろに最適ですが、術後のケアとして、ほくろ除去をしてむき出しになった皮膚内部をテープやガーゼなどで保護し、紫外線に気を付けることが大切です。また乾燥を防ぐためにしっかり保湿する必要もあります。ほくろ除去後は、切除縫合の場合よりも傷跡は目立たないのがメリットですが、へこみを防止するために色反応レーザーと併用して治療することもできます。その場合、治療の回数は増えますが除去後の見た目を良くするための手段として有効的です。

手軽にコンプレックス除去

顔

最近は美容整形専門のクリニックも腕を上げています。だからこそ、ぜひコンプレックスを感じて気持ちが沈んでしまう人は、前向きにほくろ除去を考えてほしいと思います。きちんと対応してくれるので、安心して治療を受けることが可能となっています。

Read More...

除去に関する情報収集

女の人

ほくろ除去は様々な方法がありますが、治療方法の技術力の進歩によって良い効果を実践できるため、価格低下が起こりえます。SNSを使って情報収集を行うことで、除去に関するお得なキャンペーン情報を手軽に手に入れられるのです。

Read More...

ほくろのない自然な素肌へ

美容整形

顔や体にできたほくろは、大きさやその数で目立つようになってしまいます。加齢が原因でできてしまうことも多いので、その場合は美容整形のほくろ除去が気になる部分を目立たないようにしていきます。このほくろ除去は、レーザーや切除方式で行っていき、自然な肌に近い状態にしてくれるので安心です。

Read More...

気になるならほくろを除去

女医

気になるほくろは美容皮膚科などできれいに取ってもらえます。レーザーや炭酸ガスレーザーなどで取り除きます。事前に費用がどれくらいかかるかは聞いて置いたほうが良いです。追加料金がないかを聞いてほくろ除去しましょう。

Read More...