ほくろ除去でコンプレックスを撃退|気になる部分はプチ整形

女の人

手軽にコンプレックス除去

顔

実はたくさんある除去方法

顔の目立つところに大きなほくろがある人や、小さいほくろがたくさんある人、盛り上がっていて邪魔なほくろがある人など、ほくろ除去をしたいと考える人は少なくないと思います。私もその1人です。ではほくろ除去はどうして人気になったのでしょうか。それは、ほくろ除去の手軽さが鍵だと思います。例えば除去には、切開して縫う、くりぬく、レーザーで焼くといった除去方法があります。切開やくりぬきは、大きいほくろや盛り上がりの強いほくろの場合に用いられやすい方法ですが、小さいほくろを除去したいという人はレーザーを用いられることが多いです。レーザーでの除去は、切開やくりぬきと違って皮膚を余分に深くえぐりとる心配はなく、ほくろとその芯だけを焼くことで除去します。そのため施術時間も短く、術後も傷跡が回復しやすいということで、最近はその手軽さが世間の人気を集めているのだと思います。

除去後の一工夫

ほくろ除去をする上でどんな工夫をすれば良いでしょうか。まずは除去後の患部を清潔に保つことです。ほくろ除去を行った後は、皮膚を傷つけたわけですから当然患部は赤く炎症を起こし膿んできてしまいます。患部を乾かしてしまうと、まだ十分に皮膚の陥没が治っていないのにかさぶたができてしまい、将来穴のある皮膚に再生をしてしまいます。また、テープで再生しようとする皮膚をしっかり押さえないと、盛り上がりのある皮膚になりかねません。だからほくろは病院から頂いた軟膏とテープを有効活用し、いかに患部の乾燥と盛り上がりを防ぐかが大事です。次に施術後、いかに患部に紫外線を浴びさせないかということです。傷跡は他の皮膚よりも弱まっている状態なので紫外線を吸収しやすく、しみになりやすいです。傷跡をしっかり治したいなら日焼け止めを何度も塗り直したり、マスクを着用するといった一手間が必要になってきます。また、紫外線の量や、汗などで患部が蒸れたり膿みやすさ的にも、ほくろ除去を行う季節を冬にするとケアが便利になると思います。ほくろは場所によってはそのままでも気になりませんが、やはり顔など人から見える、目立つ場所にあると気になってしまうものです。いまは手軽に除去が出来るようになっているので、悩まずに治療を受けてみるといいでしょう。カウンセリングの時点で治療方法やアフターケア、ダウンタイムなどについては説明があるので、不安も解消されるはずです。もし何か気になることがあれば、その時点で質問を行なっておくことが大切です。